蓼科、八ヶ岳で自然に囲まれて過ごす。茅野市、諏訪市、北杜市に移住や別荘をお考えの方、高地・寒冷地のお庭は蓼科のフォレストメンテナンスまで

蓼科、八ヶ岳で自然に囲まれて過ごす

コラム & トピックス
Column & Topics

Column & Topics > all >
Vo.8 林の中のチョコレート色

Vo.8 林の中のチョコレート色

2022/02/18
もうすぐバレンタインですね。
本音を言えば、あげるよりも貰いたい所のチョコレートですが、店頭にたくさん並んでいる所は見て回るだけでも楽しい物です。

最近では色々な色のチョコレートが出回っていますが最近では、エクステリアに使われる茶色も色々な色があります。

ここ蓼科の一帯は国定公園にあたる地域もあったり、景観条例がある地域もあるため、フェンスやカーポート、ウッドデッキを建てる時に色の縛りがある事があります。

もちろん木で作ることも可能です。
木の造作物は使えば使うほど風合いに深みが出ていいものですね。
ですが、木で作ると防腐剤を塗ったりキツツキに穴を開けられたり、色々と手間をかけなければいけない心配も出てきます。
ですので木材ではなく作りたい時は、木目のラッピング材や人工木を使用します。

最近では、一口に「木目」と言っても白に近いアイボリーから、水色まで本当に様々な色があります。

水色はイングリッシュガーデンではよく使われる色見です。
実際にある木の色見に合わせて「ジャラ」や「ダークパイン」などの名前の付いたものもあります。
木目もプリントではなく、凸凹した溝が付いたタイプもあります。
こういった仕上がりは、自然の木々の中でも浮くことなく設置することが出来るため、田舎暮らしや別荘地でも、違和感なく手入れ不要な場所にすることが出来ます。

最近では、街中でも木材を使った建物が多く見かけるようになってきましたので、家の雰囲気を壊したくない方にもお勧めです。

お問合せ