蓼科、八ヶ岳で自然に囲まれて過ごす。茅野市、諏訪市、北杜市に移住や別荘をお考えの方、高地・寒冷地のお庭は蓼科のフォレストメンテナンスまで

蓼科、八ヶ岳で自然に囲まれて過ごす

コラム & トピックス
Column & Topics

Column & Topics > all >
Vo.7 冬の土用は今年のお庭の計画を

Vo.7 冬の土用は今年のお庭の計画を

2022/01/06
1月の蓼科はマイナスの毎日が続いています。
年末年始の雪が残り、脇の方に残っているところも多々ありますが、店舗などではもう春に向けて、寒さに比較的強いパンジーやビオラなどが店頭に並び始める所もありますね。
暖かい地域では殺風景な庭に彩を添えたくてついつい庭いじりをしたくなる人もいるかもしれません。
でもちょっと気を付けて下さいね。
1月には実は土を動かしてはいけないとされる期間があります。

それは、丑の日で有名な土用。
実は土用は季節の変わり目にあたり、年に4回あります。

この期間は土公神様という土の神様が季節と季節を繋ぐ大切な仕事をしているため、土を動かしてはいけないとされています。
建設業などの中では割と知られている話ですが、土公神様を怒らしてしまうと、事故が起きたりケガをしたりすると言われています。

今年の冬の土用は1月17日(月)~2月3日(木)です。
その中には、間日と呼ばれる神様が天界へ行く日があり、その日は土を動かしても良い日になっています。
今年の冬の土用の間日は1月25日 1月26日 1月28日の3日間です。
とは言え、1年の中でも一番寒い時期になりますので、この土用の期間は是非とも春先の庭に思いをはせる時間にして頂きたいと思います。

私共としましても、毎年春先はお問い合わせが非常に込み合ってしまい、お客様をお待たせしてしまいますので、出来ればこの辺りからお庭のご相談を頂ければと思っております。

お問合せ